生活指導

クリニックでは薬の注入や処方だけを行うわけではありません。クリニックでは患者の生活習慣をヒアリングし、場合によっては改善するよう指導する事もあります。薄毛の原因は男性ホルモンと言われていますが、このホルモンが悪さをする場合、生活習慣に起因している事もあります。また近年では活性酸素も薄毛の原因と言われています。活性酸素は細胞の老化に繋がるもので、活性酸素が発生すると体はそれを取り除こうと働きます。この時に大量に使われるのがアミノ酸です。アミノ酸は頭髪の成長にも使われます。アミノ酸が活性酸素の除去へ使われると、髪の毛への使用量が減り、十分な成長が望めなくなります。

カウンセリング活性酸素発生の原因とされているのが乱れた食生活、睡眠不足、ストレス、パーマ薬剤やカラーリングによる頭皮への過剰な刺激があります。多くのクリニックでは実際に治療を始める前にカウンセリングをしています。このカウンセリングの段階で生活習慣の改善を指導される場合があります。

余談ですが、名古屋にある薄毛治療を行っているクリニックでは、HARG療法を取り入れています。直に地肌に針をさす方法ですが、ほとんど痛みを感じずに治療ができる療法です。

最近は薄毛治療も進化し効果も高くなっていますが、生活習慣が乱れたままでは効果も低くなってしまいます。カウンセリングで生活指導を受けた場合はきちんと守り、治療の効果を引き出しましょう。

処方薬

薄毛の治療法の一つとして薬の内服があります。薄毛(AGA)に対抗できる薬として厚生労働省により認可されている薬がプロペシア(フィナステリド)です。脱毛を促進させる男性ホルモンはジヒドロテストステロンと言われています。このジヒドロテストステロンはテストステロンと5αリダクターゼが結びつく事で生成されます。プロペシアは5αリダクターゼの働きを阻害する効果があるため、薄毛治療に効果的とされています。

内服薬プロペシアと合わせて薄毛治療に使われている内服薬にミノキシジルがあります。ミノキシジルは血管拡張作用の効果があります。ヘアサイクルが乱れている頭皮は血行が悪い事が多く、血管を拡張する事でその血行を改善する事ができます。血行が改善される事で有効成分が浸透しやすくなるという効果も期待できます。

プロペシアもミノキシジルも医薬品です。服用には医師の処方箋が必要です。インターネットの普及で個人でも医薬品の輸入が簡単にできるようになりました。しかし医薬品が医師の処方箋を必要としているのは副作用の可能性があるからです。本人の体質によって合う、合わないがありますから、必ず医師に処方してもらったうえで服用しましょう。

早めの治療が肝心

髪の毛にはヘアサイクルがあり、脱毛と発毛が繰り返されています。健康な髪は脱毛と同じペースで発毛されますから、髪の毛の全体量はほぼ変わりません。しかしこのヘアサイクルが崩れると髪は成長しきる前に抜け落ち、発毛よりも脱毛の量が多くなります。これが薄毛の症状となって現れます。

ヘアサイクルクリニックを訪ねる多くの人は既に薄毛が進行している状態です。この時点でも治療は可能ですが、早いに越した事はありません。実はヘアサイクルは一生の中で決まった回数しか実現しません。通常、毛周期は数年間かけて一回りします。しかし薄毛に悩む人のヘアサイクルは最短で100日と期間が大幅に短縮されています。周期が短くなるという事は、最後のヘアサイクルを迎える日が早まるという事です。既に全てのヘアサイクルを終えてしまうとどんなに治療をしても発毛効果は望めません。

薄毛には遺伝要素も関わっています。今は問題なくても、家族や親戚に薄毛の人がいる場合は要注意です。そうでない場合も、抜け毛が多い事や生えている髪が細くコシがなくなってきたと感じたら早めにクリニックでの受診をおすすめします。ヘアサイクルの数が多く残っているほど治療の効果も高く、その後の健康的な髪の維持も可能になります。

クリニックで薄毛治療

薄毛に悩んでいるなら、クリニックで治療を受ける事が早く確実です。最近は薄毛治療専門のクリニックも増えてきました。薄毛は放っておくとどんどん進行し、最終的には治療不可になる事もあります。薄毛の原因とされているのはヘアサイクルの乱れでもあります。通常は数年かけて一回りするヘアサイクルが最短で100日程度にまで縮まり、髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちるのが薄毛です。人の一生の中でヘアサイクルの回数は決まっています。決まった回数を終えるとそれ以上は髪が生えなくなります。こうなると治療は不可能ですから、薄毛治療は早く始める事が大切です。

薄毛薄毛治療では内服用の薬が処方される事があります。よく処方されるのはプロペシアで、これは厚生労働省から薄毛治療に効果的と認可されている薬です。プロペシアは薄毛の原因とされるジヒドロテストステロンの生成を抑える薬です。合わせて処方される事があるのが、血管拡張作用のあるミノキシジルです。血行を良くする事で頭皮環境の改善に繋がりますし、他の有効成分の浸透を助ける事も期待できます。

多くのクリニックでは実際の治療の前にカウンセリングを実施しています。カウンセリングの中では日々の生活習慣を聞かれる事もあります。薄毛の原因は生活習慣も関係していると言われています。生活習慣の乱れは体内に活性酸素を多く発生させ、体はそれを除去するために大量のアミノ酸を使います。アミノ酸は髪の毛の成長にも必要な成分ですが、活性酸素に使われる事で髪の毛へ使われるアミノ酸が減ります。医師から生活習慣の改善を指導された場合は必ず守りましょう。

loading
×